本文へスキップ

初心者FX比較 FX基本用語「FX関連経済用語」


初心者にも人気のGMOクリック証券【FXネオ】

FX基本用語FX関連経済用語

FX関連経済用語編(FXニュースで耳にする用語や機関)

FOMC 連邦公開市場委員会。米国の連邦準備制度の金融政策に基づく公開市場操作(マネーサプライの調節、金利・為替水準の誘導等)の方針を決定します。
ECB 欧州中央銀行
GDP 国内総生産。一定期間内に国内で産み出された付加価値の総額。
ソブリンリスク 取引相手の国の事情で、締結してあった為替予約が実行できなくなるリスクのことをいいます。
現在ユーロ圏にてソブリンリスクが良く取り上げられてます。
口先介入 実際に通貨の売買を通じて市場介入を行うのではなく、政府首脳や金融当局者が発言によって相場を意図する方向に動かそうとする行為。
介入 経済実態を反映しない相場の急変動に対して中央銀行が相場を安定させるために行う為替売買。
例として、急激な円高が進んだ場合、日銀が介入を行ったりしています。
協調介入 各国の中央銀行が共同して行う介入。
機関投資家 生命保険会社や銀行、信託銀行、証券会社、年金基金、ヘッジファンドなど
ブローカー 外国為替の取引業者のこと
ヘッジファンド 世界中の金融市場でレバレッジを効かせて、投資活動を行う私募の投資信託会社
ムーディーズ アメリカに本拠を置く債券格付け会社。
突然の格下げ発表などにより、各国の通貨が大きく変動する場合があります。

CIPS
製造業指数
英購買部協会(CIPS)が公表する製造業の景気見通しを指数化した指標。英中銀もインフレ指標として注目しており、市場注目度は高い。(毎月月初に発表されます。)
FRB

米国の中央銀行。公定歩合・支払準備率・公開市場操作などの金融政策を行う。(⇒連邦準備制度理事会)


上記用語は基本的な部分だけですが、FX取引をしていると、ニュースを見る事も増えますが、
各国の中央銀行総裁、例えばECBならドラギさん、日銀なら黒田さんなどの発言の際は、
相場が急激に変動する場合も多いので、注意が必要です。(※総裁は2016年現在です。)









初心者FX比較メニュー