本文へスキップ

FX基本用語「これだけは覚えたいチャート用語編」


初心者にも人気のGMOクリック証券【FXネオ】

FX基本用語チャート用語編

FX基本用語(FXチャート用語編)

チャート 相場の値動きをグラフで示したもの
テクニカル分析 チャートなどを利用して、過去の値動きと現在の値動きのパターンを読み取り、値動きを予測すること
四本値 ローソク足やバーチャートで示される値段で、始値、高値、安値、終値の4つの値段のこと
ローソク足 ローソク足は一定期間における四本値から成り立っており、始値、終値、高値、安値を表している。一般的に、始値が終値よりも高いときは黒く塗られ、終値が始値より高いときは白抜きで表される。
レジスタンスライン 上げ相場での「抵抗線」のこと。例えば、チャートの値動きを見て、何度も116.5円付近まで円安が進むがそのたびに押し戻されて円高に進むという動きがある。それを「116.5円付近にレジスタンスラインがある」という。
ゴールデンクロス テクニカル分析において、短期移動平均線が長期の移動平均線を下から上に突き抜ける状態のこと
デッドクロス 短期の移動平均線が長期の移動平均線を上から下に抜けること
抵抗線 市場参加者の多くが、これ以上相場が上昇しないという認識をもちやすい価格帯のこと(レジスタンスラインのこと)
サポートライン チャート分析において、過去に何度かその水準で為替レートが下げ止まった価格帯のことをサポートライン(支持線)といいます。
ティックチャート
短い時間ごとの値動きを表わす時系列チャート。

実際にFX取引を始めて、セミナー等を聞いたりすると、上記のような用語以外にも、
様々なテクニカル分析のチャート関連用語が飛び出してきます。
例えば、ボリンジャーバンド、一目均衡表、トレンドラインなどなど、
テクニカル分析や相場観をFXを体験しながら覚えたい人は下記のJFXがお勧めです。

JFXの会員限定の小林芳彦のマーケットナビは、とても分かりやすく勉強になります。

初心者FX比較メニュー