本文へスキップ

FX取引における税金・確定申告|初心者FX比較FXビギナーズ

IT系転職ならワークポート

FX豆知識税金・確定申告

FX取引における税金・確定申告について

FX取引をはじめてでた利益に税金はかかるのか?
外国為替証拠金取引(FX)で発生した利益は課税対象となります。

FXで得られる収益には、大きく分けて売買で得た為替差益と、スワップポイントによる収益があります。確定申告を行う際には、その年の1月1日から12月31日までに決済が終了した取引にて発生した為替差益とスワップポイントにより発生した収益の両方を合計した金額が収益として申告の対象になります。

●確定申告が必要なのはどんな場合?
⇒FX取引で年間20万円以上の利益がある場合は、確定申告が必要となります。
(※サラリーマンの場合)

サラリーマンの場合
サラリーマンを始めとする給与所得者は、年間の給与所得が2,000万円を超えると確定申告の必要が生じます。また年間の給与所得が2,000万円以下であっても、給与所得及び退職所得以外の所得(雑所得など)の合計金額が20万円を超えた場合には確定申告の必要が生じます。

被扶養者の場合
被扶養者(専業主婦など、その他、収入が無い人)の場合、年間所得の合計額が38万円を超えると確定申告の必要が生じます。

※その他個人事業主の場合など条件が異なりますので、詳細は国税庁にご確認ください。

●FXにおける所得金額の算出方法

FXの所得金額=FXの粗利益(為替差益+スワップ)−FX取引に係る必要経費

取引にかかったコストは、必要経費として粗利益から差し引くことができます。代表的な必要経費としては取引手数料や入金にかかる振込手数料が該当しますが、そのほか取引に必要なプロバイダー料金や新聞・書籍などの購入費が経費として認められるケースがあります。領収書などの証明書類は普段から大切に保管しておきましょう。

税金・確定申告の詳細については、管轄の税務書もしくは、専門家、国税庁にご確認ください。



≪GMOクリック証券≫【FXネオ】超高性能な新チャート。多彩な機能・快適な取引ツールを搭載!

初心者FX比較メニュー