本文へスキップ

ミラートレーダーの独自のストラテジーやサービス紹介

初心者FX比較TOP >FX会社の項目別お勧めランキング

ミラートレーダーでの自動売買でのストラテジーで選ぶFX会社

ミラートレーダーでは、様々ストラテジーを組み合わせて資産運用を行います。ストラテジーの一部を紹介

ミラートレーダーは、各FX会社があらかじめ準備しているストラテジー(自動売買プログラム)から好きなストラテジーを選択して、
FX自動売買を行うサービスです。トレンドフォロー型、スキャルピングタイプ、レンジ相場に強いストラテジー等、ループイフダンのように決めた値幅で売買を繰り返すものなど
取引スタイルに合ったポートフォリオを作成できるように、数百種類のストラテジーを各FX会社用意しています。

過去の売買実績等を確認してストラテジーを選びますが、FXは、レンジ相場になる事もあれば、上昇トレンドの時もあれば、下降トレンドの時もあり、
過去の売買実績が優れているからといって、必ず勝てる訳ではありません。むしろ、1個のストラテジーと心中するのは非常にリスクを伴います。
ミラートレーダーをFX資産運用と考えた場合、様々なタイプの異なるストラテジーを複数選択することにより、リスクヘッジを行う事も大切です。
簡単に言えば、Aのストラテジー(自動売買プログラム)が調子が悪くても、Bのストラテジーで保険をかけておくという感じです。
数百種類もあるストラテジーを全て紹介するのは無理なので、オリジナル性も高いストラテジーの一部を紹介します。

比較項目:ミラートレーダーのストラテジー
FXTFミラートレーダー
FXTFのミラートレーダー
【FXTFのストラテジー紹介】
マット売買ストラテジー
マット売買ストラテジーが使えるのはFXTFだけです。
トレンドフォロータイプとオシレータータイプのストラテジーがあります。

MATTrend
トレンドフォロータイプのテクニカル指標を3つ併用しています。スクエアは存在せず、
トレンドの発生を積極的に捉えて収益拡大を狙うストラテジーです。

MATTollinger
ボリンジャーバンドを含む複数のテクニカル指標を用い、トレンドフォローに
特化しながらも細かい相場の上下動に振り回されないように売買を行います。
上昇トレンド、下降トレンド共に明確なトレンドが発生するまで
売買のタイミングを計るため、ポジションを保有しない時があります。
また、ポジション保有時は、トレンドの転換を確認するまではポジションを保有し
続けながら大きな収益確保を目指すストラテジーです。

MATTcillator
オシレータータイプのテクニカル指標を2つ併用しています。
相場の買われすぎ、売られすぎを捉えます。
2つのテクニカル指標をあわせ、収益獲得のチャンスを狙うストラテジー。

MATTmentum
オシレーター系テクニカル指標のモメンタムをベースに
USDJPY、AUDNZDの値動きの勢い(強弱)を総合的に判断し、トレンド発生から
転換までの判断を行います。細かい相場の上下動に振り回されないように
複数の時間軸を用いて売買を行うストラテジー。
ちょいトレ
FXプライムのちょいトレFX
【FXプライムのちょいトレは選ぶだけじゃなく、自分で作る!】
FXプライムのちょいトレは、他社のように既存のストラテジーを選ぶ事も可能ですが、
プログラム知識不要でマウス操作だけで、自分オリジナルストラテジーが作れます。

マウス操作3分で誰でも簡単!と書いてありますが、そう簡単でもないです(笑)
ある程度、テクニカル分析やチャートの事を知らないと、多分言葉自体が意味不明。
でも、ある程度知ってる経験者なら、自分だけの独自ルールのストラテジーを
作れるというのは非常に魅力的です。

マウス操作だけでオリジナルストラテジーを作成できる
トレンド、オシレーターのどちらかを選択して、あとはテクニカル指標を選択して
いくだけで、自分だけのストラテジーが簡単に作れます。

過去の為替レートをもとに、自分の作ったストラテジーのバックテストが可能なので、
高収益を狙えるオリジナルストラテジー作成に挑戦してみてはいかがでしょうか?

自分で作ったオリジナルストラテジーと既存を優秀なストラテジーを組み合わせて、
リスクヘッジしながら運用するなんて方法も良いかもですね。

FX取引の老舗ひまわり証券のエコトレFXはループイフダンがお勧め!

ループイフダンは、名前の通り、予め決めた値幅毎にポジションを持ち、利益を狙うスタイルです。
例えば、30銭毎にポジションを持ち、30銭毎に利益確定するようなイメージです。